ロゴ
HOME>オススメ情報>アンチエイジングを目指すなら化粧品を一新しよう【有効成分とは】

アンチエイジングを目指すなら化粧品を一新しよう【有効成分とは】

化粧水

それなりの年齢になったら、年齢にあった化粧品でスキンケアをすることが大切です。30代になると肌のキメが荒くなったり乾燥したりしてシワができやすくなります。シワ予防効果が期待できる有効成分が「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体といえば「美白」というイメージを持っている人が多いですが、加齢によるシワやたるみを予防するアンチエイジング効果もあります。ビタミンC誘導体が持つ効果の一つが抗酸化作用です。肌が酸化してさびつき、シワになるのを予防します。また、コラーゲンの生成に必要不可欠な繊維芽細胞を活性化する働きもあります。コラーゲンが増えることで肌がぷりぷりになり、毛穴の開きやたるみが改善します。

ヒアルロン酸はアンチエイジング化粧品には欠かせない保湿成分です。肌が乾燥するとシミ・くすみ・しわなどの肌トラブルの原因になります。しかし、スキンケアをするときにヒアルロン酸で潤いを与えて保湿をすれば乾燥が予防できて、化粧ノリがよい美しい肌をキープできます。ヒアルロン酸には大きく分けると高分子タイプと低分子タイプがあります。もともとのヒアルロン酸は、分子が大きくて浸透しにくいのが欠点です。分子が大きいと、つけたときはしっかり保湿されていても、時間が経過すると潤い力が低下します。その欠点をカバーしたのが、低分子ヒアルロン酸です。普通のヒアルロン酸であまり保湿できない人や保湿効果を維持したい人には、低分子タイプがおすすめです。

美容液